観光

四国の人気おすすめ観光地30選!定番のここだけは抑えたい【2022年最新】

四万十川

皆さんこんにちは、旅土産の管理人です。

四国は観光地がたくさんあり、どこを回ったらいいのか迷うと思います。

今回は四国それぞれの県の定番の観光地30箇所をご紹介いたします。

迷ったらここに行っておけば間違い無しですので、是非参考にしてみてください!

こちらの関連記事もあわせてご覧ください。

こちらもCHECK

丸ごとみかん
愛媛で買える人気おすすめお土産10選!話題のスイーツや和菓子|2022年最新

皆さんこんにちは、旅土産管理人です。 今回は愛媛県で買える人気のお土産をご紹介いたします。 これを選んでおけば間違い無いというものを10個まとめていますので是非ご覧ください! こちらの記事もよければ参 ...

続きを見る

こちらもCHECK

スイート
四国水族館の人気お土産おすすめ6選!2022年最新

皆さんこんにちは、旅土産管理人です。 今回は、香川県宇多津町に位置する「四国水族館」の人気お土産をご紹介いたします。 四国水族館内のショップについても紹介していますので、是非最後までご覧ください! そ ...

続きを見る




 

四国の人気おすすめ観光地30選

香川県

栗林公園

栗林公園
出所:www.my-kagawa.jp

参考

・定休日:無し
・営業時間:5:30~18:30
・場所:香川県高松市栗林町

文化財庭園で日本最大の敷地をもつ栗林庭園。その広さなんと東京ドーム3.5個分。背景の紫雲山を含めると東京ドーム16個分の大きさとなります。栗林公園の最大の魅力は、春夏秋冬で様々な景色を楽しむことができることです!これからのシーズンは鮮やかな紅葉を見ることができるので、是非香川に行った際には寄ってみて下さい!

詳しくはコチラ

 

金刀比羅宮

金比羅宮金比羅宮 階段
出所:http://www.konpira.or.jp/

参考

・参拝時間:9:00~16:00
・場所:香川県仲多度群琴平町

金刀比羅宮の最大の特徴は、御本宮まで785段、奥所まで1368段の長ーい階段があることです。お参りするためにはこの階段を登る必要があるため、舐めてかかると大変なことになります!!階段を登って汗を流したあとは、近くのこんぴら温泉でゆっくり温まるのもおすすめです。

詳しくはコチラ

 

しろとり動物園

とら
出所:www.asoview.com

参考

・定休日:無し
・営業時間:9:00~17:00
・場所:香川県東かがわ市松原
・入場料:大人(中学生以上)1,300円 小人600円

動物たちとの距離が近く、触れ合えるのが特徴で「自由すぎる動物園」として話題に。かめやウサギさんには餌をあげることができるので是非あげてみてください!動物のショーも定期的に行っているので、気になる動物がいる場合はショースケジュールを確認してから来園するのもおすすめです。

詳しくはコチラ

 

津田の松原

津田の松原
出所:http://sanuki-asobinin.seesaa.net/

参考

・定休日:無し
・営業時間:記載無し
・場所:香川県さぬき市津田町
・アクセス:JR讃岐駅から徒歩で1分、津田東ICから車で10分

津田の松原の最大の見所は、琴林公園の白砂の浜と黒松林の美しいコントラストがみられる景勝地。海水浴は夏にビーチバレーフェスなどが開催されており、多くの観光客が押し寄せます。またウインドサーフィンや児童公園なども楽しむことができます。温泉リゾートのクアタラソさぬき津田では、海水露天風呂やサウナなどがあり、日頃の疲れを癒すのに最適です!サービスエリアのグルメも必見!

詳しくはコチラ

 

地中美術館

地中美術館
出所:https://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

参考

・定休日:月曜日
・営業時間:10:00~18:00(10月1日〜2月末日は17:00まで)
・場所:香川県香川郡直島町
・料金:2,100円 ※15歳以下無料

アーティスト「クロード・モネ」や「ウォルター・デ・マリア」などの作品が置かれています。中は写真撮影禁止ということもあり、静かで落ち着いて作品を見ることができます。オンライン予約制なのでご注意ください。

詳しくはコチラ

 

瀬戸大橋

瀬戸大橋
出所:https://www.jb-honshi.co.jp/seto-ohashi/

参考


・場所:坂出市
・料金:有料

本州の岡山県と四国の香川県を結ぶ10つの橋を総称して瀬戸大橋といいます。地上194m、瀬戸大橋の最大の吊り橋である南備讃瀬戸大橋は、全長1723mとなっています。壮大な景色を是非車窓からご覧ください!

詳しくはコチラ

 

レオマリゾート

レオマワールド
出所:https://www.newreomaworld.com/

参考


・営業時間:10:00~17:00
・場所:香川県丸亀市綾歌町
・料金:[入園券]大人1,700円 小人 1,200円  [フリーパス+入園]大人4,000円 小人3,500円

28種類のアトラクション、中四国私大級のリゾートプール、リゾート気分を味わえるホテルのあるレゾート。日本一長いエスカレーター「マジックストロー」もあり、夜には光のトンネルとして楽しむことができます。とても1日では遊びきれません!!

詳しくはコチラ

 

寒霞渓(かんかけい) ロープウェイ

寒霞渓
出所:https://www.kankakei.co.jp/

参考

・定休日:無し
・営業時間:8:30~17:00
・場所:香川県小豆郡小豆島町
・料金:大人往復1,890円、小人(小学生)往復950円

日本で唯一、空・海・渓谷を一度に眺望できる島のロープウェイ。ロープウェイの他にも、「オリーブ牛コロッケバーガー」や「もみじサイダー&フロート」などのご当地グルメも楽しめます。

詳しくはコチラ

 

道の駅 小豆島オリーブ公園

オリーブ公園
出所:https://www.olive-pk.jp/

参考

・定休日:無し
・営業時間:8:30~17:00
・場所:香川県小豆郡小豆島町西村

日本で初めてオリーブの栽培に成功したオリーブ園に隣接しているため「小豆島オリーブ公園」と名付けられました。魔女の宅急便のロケ地でもある公園。ギリシャ風車やオリーブ畑に囲まれた館内にはキキのホウキ貸し出しがされており、ホウキにまたがった魔女になった気分の写真をとることができます!インスタ映えに是非おすすめのスポットです。

詳しくはコチラ

 

愛媛県

道後温泉

道後温泉
出所:https://dogo.jp/

参考

・営業時間:本館6:00~23:00 別館6:00~ 椿の湯6:30~
・場所:愛媛県松山市道後湯之町
・料金:大人420円 小人160円
・アクセス:松山空港からリムジンバス道後温泉駅前行きで40分。JR松山駅から伊予鉄道市内電車道後温泉行きで25分。松山市駅から道後温泉行きで20分。

道後温泉は主に「道後温泉本館」「道後温泉別館 飛鳥乃温泉」「道後温泉 椿の湯」の三つからなる。本館は道後温泉のシンボルとなっており、現在は工事のため一階の神の湯のみの利用となっています。
別館は2017年にグランドオープンしたばかりで、飛鳥時代の建築様式を取り入れた「新湯」です。別館には本館にはない露天風呂、そして広々とした大浴場があり、昔の浴衣をきて温泉を楽しむことができるのが魅力です。
愛媛に行った際には外せない観光地です!是非行ってみてください!

詳しくはコチラ

 

白猪の滝(しらいのたき)

白猪の滝
出所:https://www.city.toon.ehime.jp

参考


・場所:愛媛県東温市河之内
・アクセス:松山駅からバスで60分。松山ICから車で20分。

高さ96mの滝。県立自然公園の中に位置しており、木々に囲まれた滝は四季折々の景色を楽しむことができます!秋には紅葉、冬には滝が凍りつき幻想的な光景になるのでとてもおすすめです!

詳しくはコチラ

 

瀬戸内しまなみ海道

多々羅大橋
出所:https://www.jb-honshi.co.jp/

参考

・営業時間:無し
・場所:愛媛県〜広島

瀬戸内海の島々を7つの橋で繋いだ海の道を「瀬戸内しまなみ海道」と言います。海や島の景色を眺められる絶景スポットとして人気のロード。イルカやくじらを間近でみて触れられる「ドルフィンファームしまなみ」という施設もあるので是非おすすめです。

詳しくはコチラ

四国カルスト

四国カルスト
出所:https://www.pref.ehime.jp/

参考

・営業時間:無し
・場所:愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷

愛媛県と高知県の県境にある、日本三代カルストと言われている標高1400mのカルスト台地。日本最後の清流である「四万十川」の原流域にあり、壮大な景色を楽しめる観光地として人気のスポットとなっています。時期によって牛が放牧されており、まるで外国のようなのどかな光景を見ることもできるようです。ドライブするにはとてもおすすめです!キャンプ場やバンガローなどの宿泊施設もあります。

詳しくはコチラ

松山城

松山城
出所:https://www.matsuyamajo.jp/

参考

・営業時間:9:00~16:30
・場所:愛媛県松山市丸の内1

愛媛の松山にある標高132mにある松山城。日本100名城、日本三大平山城、そして日本の城ランキング第3にも選ばれています。天守閣からの眺めはとても美しく、松山市内が一望できるので是非松山城を訪れた際にはおすすめです!

詳しくはコチラ

坊っちゃんカラクリ時計

坊ちゃんからくり時計
出所:https://www.city.matsuyama.ehime.jp/

参考

・上映時間:8:00~22:00 30分ごと 時期によっては1時間
・場所:愛媛県松山市道後湯之町6-7

道後温泉駅前にある、道後温泉本館100周年を記念して作られたからくり時計。30分ごとに上映があり、小説「坊ちゃん」の登場キャラクターが音楽と共に登場。隣には無料の足湯があり、足湯に浸かりながら上映を楽しむのもありですね。

詳しくはコチラ

 

愛媛県立とべ動物園

ピューマ
出所:https://www.tobezoo.com/

参考

・営業時間:9:00~17:00
・場所:愛媛県伊予郡砥部町上原町240
・入園料:大人500円 高校生・高齢者200円 小中学生100円 以下無料
・アクセス:車で松山ICから国道33号を南に10分。バスで松山市駅から乗車、とべ動物園前下車。

ホワイトタイガーやホッキョクグマなど珍しい動物さんがたくさん!大人から子供まで楽しめる動物園です。入園料も安く、ゆっくり回って2時間くらいの適度な広さなので周りやすいのもいいですね!観光地に迷ったらここに行きましょう!

詳しくはコチラ

青島

猫
出所:https://rocketnews24.com/

参考

・営業時間:無し
・場所:愛媛県大洲市の島
・アクセス:長浜港からフェリーで35分 一日2回出港
・フェリー料金:往復大人1400円 小人700円

愛媛県の猫島として有名な「青島」。島民は15人、猫は100匹という言葉で広く知られています。島に入ればいたるところに猫ちゃんが!!猫好きにはたまらないスポットとなっているので是非!宿泊施設がないため、必ず帰りのフェリーの時間をチェックしましょう!最終便は14:30です。

詳しくはコチラ

 

下灘駅

下灘駅
出所:https://seaside-station.com/station/shimonada/

参考


・場所:愛媛県伊予市双海町大久保
・アクセス:松山駅から普通列車で約1時間。

2000年の青春18きっぷのポスターに採用されたことをきっかけに、秘境駅として人気に 。またホームからは広い海を一望でき、観光地として多くの人が訪れるようになりました。特に夕方には絶景を見ることができるためおすすめです!

詳しくはコチラ

徳島県

鳴門のうずしお

うずしお
出所:https://www.uzusio.com/

参考

・営業時間:24時間営業
・場所:徳島県鳴門市

船に乗って鳴門海峡のダイナミックな渦潮を間近で見ることができます。世界でもトップクラスの迫力ある渦潮を是非体験しましょう!うずしおを見ることのできるタイミングは日によって異なるため、ホームページからその日のベストタイムを事前にチェック!ホームページは下記のリンクに貼っております。

詳しくはコチラ

大塚国際美術館

大塚美術館
出所:663highland - 投稿者自身による作品, CC 表示 2.5, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2924864による

参考

・営業時間:9:30~17:00
・場所:徳島県鳴門町土佐泊浦福池65−1
・入場料:一般3300円 大学生2200円 小中高生550円 (前売券有り)

日本最大級の常設展示スペース。1日の入館者数は、平日650人、土日1300。5つのフロアがあり、4kmにもわたる観賞ルート。米津玄師さんが紅白で歌った場所もこの「大塚国際美術館」です。6〜9月はモネの愛した”睡蓮”が見頃となっています。

詳しくはコチラ

とくしま動物園

ゾウ
出所:https://www.city.tokushima.tokushima.jp/zoo/

参考

・定休日:月曜日
・営業時間:9:30~14:30
・場所:徳島県徳島市渋野町入道22−1
・入園料:大人、その他600円 中学生以下は無料
・アクセス:JR徳島駅前から市バス2番のりば「丈六寺南行き」に乗り、とくしま動物園で下車。

ホッキョクグマやレッサーパンダ、ゾウ、コンドルに会える動物園として人気の「とくしま動物園」。園内は狭いながらも、様々な動物たちに囲まれており、大人から子供まで楽しめる動物園で多くの人に愛されています。

詳しくはコチラ

祖谷(いや)のかずら橋

祖谷のかずら橋
出所:https://miyoshi-tourism.jp/spot/iyanokazurabashi/

参考

・営業時間:時期によって異なる (主に7:00〜18:30の間)
・場所:徳島県三好市西祖谷山村善徳
・料金:大人550円 小人350円

国指定の重要有形民俗文化財に指定されている、深山渓谷地帯の唯一の交通施設であった橋。長さ45m、幅2m、水面上14m。インディージョーンズに出てくるような橋でかなり怖いです。今でも渡ることができるので勇気のある方は是非渡ってみてください!
橋以外でも、冬は雪景色、秋は紅葉などの四季折々の景色を楽しめます!

詳しくはコチラ

剣山

剣山
出所:https://www.awanavi.jp/document/report/23344.html

参考


・場所:徳島県三好市東祖谷
・リフト料金:往復 大人1800円 小人850円

徳島県最高峰の標高1,955mの山。西日本で2番目に高い山となっており、多くの登山客が訪れています。また道がきちんと整備されていることやリフトもあることから初心者にも優しい山としても有名です。山頂から見える景色も絶景ですので、ご自身の体力にあったコースを選んで登山を楽しみましょう!

詳しくはコチラ

 

高知県

高知城

高知城
出所:https://kochipark.jp/kochijyo/

参考

・定休日:無し
・営業時間:9:00~17:00
・場所:高知県高知市丸ノ内1-2-1

高知城は江戸時代に土佐藩の藩庁が置かれた城として有名です。日本100名城に指定されています。お城からは高知市内を見渡すことができ、絶景の眺めを楽しめます!

詳しくはコチラ

 

アンパンマンミュージアム

アンパンマンミュージアム
出所:https://www.anpanman.jp/odekake/museum.html

参考

・定休日:火曜日
・営業時間:9:30~17:00
・場所:高知県香美市香北町
・入館料:一般,大人 700円
中学生・高校生 500円
小人(3歳以上小学生)300円
・アクセス:車で
高知市中心部より約60分、高知龍馬空港より約40分

電車・バスで
JR土壌線・土佐山田駅乗り換え、JRバス大栃線で約25分、「美良布(アンパンマンミュージアム)」停留所より徒歩5分。

やなせたかし記念館アンパンマンの世界を体感できるミュージアム。別館では、おもちゃや漫画をテーマにした企画展や公募展。記念公演ではアンパンマンのキャラ達の像が立っています。大人から子供まで楽しめるミュージアムとなっています。

詳しくはコチラ

 

ハッピーラフト

ラフティング
出所:https://www.happyraft.com/

参考

・営業時間:8:00~18:00
・場所:高知県長岡郡大豊町
・ラフティング料金:ショート5000円 ロング9000円

8人乗りゴムボートに乗り、四国の吉野川を下ります。他では体験できない大自然の中でのアトラクションを是非ハッピーラフトで体験しましょう!!
家族で体験できるファミリーツアー、岩の上から水面にジャンプするキャニオニングなどのコースもあります。

詳しくはコチラ

 

四万十川

四万十川

参考


・場所:津野町〜中土佐町〜四万十町〜四万十市

全長196kmにもおよぶ高知県の一級河川。日本最後の清流と言われており、その美しさには驚くこと間違い無し。観光遊覧船やカヌー体験など、各地で四万十川を満喫できる施設があるため、ホームページをチェックしてみてください!

詳しくはコチラ

のいち動物園

ハシビロコウ
出所:http://www.noichizoo.or.jp/park/animal_intro04_shoebill.html

参考

・定休日:月曜日
・営業時間:9:30~17:00
・場所:高知県香南市大谷
・入園料:大人470円 高校生・18歳以下無料

旅のプロがすすめる日本の動物園ランキングで2019年1位を獲得したのいち動物園。見所はやはりハシビロコウ!!なかなか動かないハシビロコウが動くところを動画におさめようとたくさんのファンがこの動物園に訪れています。料金もかなり良心的な値段なので是非高知に行った際にはよって見るといいですね。

詳しくはコチラ

 

桂浜

桂浜
出所:https://www.city.kochi.kochi.jp/

参考


・場所:高知県高知市浦戸桂浜

高知県の名所として名高い「桂浜」。浜辺には坂本龍馬の像があり、隣接している太平洋を望んでいます。桂浜公園、坂本龍馬像、坂本龍馬記念館、桂浜水族館などなど多くの観光スポットがあるため1日いても飽きない観光スポットです!

詳しくはコチラ

 

足摺岬(あしずりみさき)

足摺岬
出所:https://www.attaka.or.jp/kanko/dtl.php?ID=712

参考


・場所:土佐清水市足摺岬

足摺岬とは四国最南端の岬であり、その展望台からは壮大な景色を一望できます。270度以上の視界が開けており、その景色を見るために毎年多くの観光客が訪れている人気のスポットです。

詳しくはコチラ

 

まとめ

以上が四国のおすすめ観光地になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-観光

© 2022 旅土産 Powered by AFFINGER5